カテゴリ:未分類( 7 )

昨年FLOとの決別を表明したFair Trade USAをめぐって、アメリカのフェアトレード業界がゆれています。
元はTransFair USAだったのですが、2010年にFair Trade USAに名称を変更。独自基準のFair Trade Apparel を発表しました。2011年10月にFair Trade For All というコーヒー、カカオ、砂糖、綿の独自基準をスタートさせましたが、これが大規模プランテーションを基準を緩めて認証し、小規模生産者たちに打撃を与えるものだったために、従来のフェアトレード業界から批判されました。そしてついに11月にFLO Internationalからの離脱を表明したのです。

小規模なフェアトレード業者からみるとFLOも大企業優遇に見えるわけですが(認証の費用の問題で)、FLOからさえ離脱するということは、フェアトレードではなくなってしまいますよね・・・

こちらは、Fair Trade USAのコーヒーを使っているコーヒー企業に対しる、米国フェアトレード業界の老舗 Equal Exchangeの公開質問状です。

a0275845_8474379.gif

[PR]
by fairtradegift | 2012-06-05 08:47
こちらはオランダの会社が販売している、Mongozoというフェアトレードビールです。
a0275845_02932.png


ガーナ、スリランカ、コスタリカ、ブラジル、インドネシアからの素材を使って、バナナ、ココナッツ、マンゴ、キヌア、ヤシの実の5種類があります。そのうち4つが、フェアトレードラベル認証。
a0275845_054753.png


創業者の1人であるHenrique Kabiaさんは1993年にアフリカからオランダに難民としてやってきました。
Kabiaさんは、アフリカのアンゴラ、ザンビア、コンゴに住むChokweという民族に属しています。その民族は伝統的にヤシの実からお酒を造っていましたが、Kabiaさんのひいおばあさんが、はじめてヤシの実のビールを作ったのだとか。オランダ移住後の1998年に、Jan Fleurkens氏と一緒に、そのレシピを使ってヤシの実ビールを造りはじめ、徐々に種類を増やしていったそうです。 ぜひ試飲してみたいですね~。
[PR]
by fairtradegift | 2012-05-31 09:06
こちらはちょっと気になるガーディアンの記事です。

フェアトレード人気でドミニカからのバナナ輸出産業が好況だそうですが、フェアトレード認証農園でも労働環境はほかと変わらず、”プレミアムも聞いたことない”という労働者の声を紹介しています。

a0275845_946409.jpg


生産されるバナナの6割がオーガニック認証、4分の1がフェアトレード認証というドミニカのバナナ農園では、貧しい隣国ハイチからの不法移民がたくさん働いているようです。1000人もの不法移民が、トタン小屋で長時間働いています。賃金は250-300ペソ(4ポンドくらい)で食べていくのがやっと。
ハイチ国境近くのFT認証農園で働くEmmantel Audige も、給料は大差ないと言っています。

フェアトレード財団も、労働環境の改善の必要性を認めていますが、財団によれば、プレミアムは不法移民のパスポートや労働ビザ取得に使われている場合もあるとのこと。政府が不法移民を送還する方針を打ち出していることもあり、いたし方ないのかもしれません。
[PR]
by fairtradegift | 2012-05-30 09:56

韓国でFairtrade Breakfast!

ソウルでは、フェアトレード月間を記念して5月12日にFairtrade Breakfastというイベントが行われました。Korea Heraldによれば、場所はソウル中心部の清渓川近くにある、5月7-13日に開催されたフェアトレード写真展広橋ギャラリー。フェアトレードのプロモーションとして、3000人にフェアトレードのフルーツジュースやミューズリー、ココアなどがふるまわれました。

今年が3年目だそうで、スポンサーはLUSH,Dosoccorとスターバックス。

下は2010年の写真ですが、フィリップスの名前も見えますね。
a0275845_0413260.jpg


日本でも丸の内や銀座でこんなイベントができたらいいですね。(スポンサー探しが大変そうですが・・・)
ランチよりは朝ごはんのほうが安上がりかも?
[PR]
by fairtradegift | 2012-05-29 09:55

2012は国際協同組合年

ほとんど話題になっていませんが、2012年は国連の国際協同組合年です。(昨年10月に決まったようです) 協同組合といえばフェアトレードにとっては大事な年ですね。

日本ではすでに成熟した組織がほとんどだと思いますが、途上国のフェアトレード生産者たちにとっては共同組合の形態は欠かせません。東ティモールのコーヒーも、コロンビアのフェアトレードゴールドも、生産者たちが組合を作っています。大いに盛り上がるといいのですが。


こちらは協同組合年のプロモーション動画。


Cooperative Empowers People!

国連の公式HPはこちら
英文リソースもあるようですので、生産者を直接支援されている方はぜひ!
[PR]
by fairtradegift | 2012-05-16 09:02
フェアトレード団体が支援している、パレスチナの農業生産者たちのオリーブの木1400本を抜くよう、イスラエル政府が通知していることがわかりました。

a0275845_2014469.jpg


フェアトレード財団のHPによれば、通知を受けたのは、パレスチナ西岸のWadi Qana Valley、Deir Istiya地区の農家9人です。イスラエル政府は、1400本ものオリーブの木を5月1日までに撤去するよう求めています。オリーブの生産能力は5000kgにのぼり、農家は収入の半分をオリーブに頼っています。オリーブオイルはEqual Exchangeと Zaytoun CICによって、最初のフェアトレードラベル認証を受けました。

撤去の理由は”Nature Reserve”のようですが、この地区の経済に打撃を与えることが目的、という見解もあるようです。パレスチナの住民の75%は一日2ドル以下で生活しています。

期限は過ぎていますが、まだ強制撤去にはなっていないようで、フェアトレード財団では署名を集めています。
ネタニヤフ首相あてのオンライン署名はこちら
↑まだ間に合います!

こちらが、ここでとれたオリーブオイルです。
a0275845_20283497.jpg

[PR]
by fairtradegift | 2012-05-14 20:46
イギリスについでフェアトレードが盛り上がっているオーストラリアとニュージーランド。
昨年のフェアトレード製品の販売額はなんと40%増加したそうです。(元記事) 販売総額は1億6500万ドル。

フェアトレードの販売拡大を背景に、ニュージーランドのオークランド市がこのたびフェアトレードシティとなりました。
a0275845_1601361.jpg

オークランドでフェアトレード認証商品が買えるお店はスーパー、カフェなど300箇所を超えているそうです。ユーロ危機でヨーロッパ市場が苦戦する中、オセアニアはFT生産者にとって大事な市場となりそうですね。
[PR]
by fairtradegift | 2012-05-14 16:02